07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Around Japan 2009 ブログ百都巡礼

  : 

あなたの「ふるさと」行ってきました!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

8月16日。 

今、青森県にいます〓

8月16日・・・

思い起こせば1年前、

みちのくの
道にたずねて
名に聞きし
古城弘前
今着きにけり

この歌を詠んだのはまさに1年前のきょう、

天高く蝉鳴き歌うとても暑い日のことでした〓

あの日もいろいろなことがありました・・・

朝8時の秋田駅、

宿からのバスに乗り遅れた私は運よく通りかかったタクシーに拾われます、

タクシーのおじさんの秋田弁は今でも忘れません・・・

しかし、それでも発車時刻ギリギリ、

弘前行きの電車のドアはもう閉まっています〓

ダメかと諦めたときに最後尾のドアが開きました、

ちなみに東北の電車は自分でドアを開けます〓

間一髪でドアを開けてくれたのはジャージ姿の高校生でした、

いかにも部活な感じの彼のカバンに書かれた校名に私は驚きました〓

秋田県立能代工業高校
バスケットボール部

ま~そういうことですわ〓

スラムダンクに拾われた旅人(笑)

この日は弘前での滞在予定時間は1時間でした〓

私は弘前市より青森市に時間を割きたいと考えていました〓

しかし、何となく弘前城に行きたくなり、その場で計画を変えちゃいました〓

本州最北端の城に魅せられた旅人は、

たまたま目の前にあった和歌ポストに興味を持ち、

何気なく応募してしまいました〓

その日の夜には夜汽車で海を越え北の大地へ、

1年前のちょうど今ごろには眠い目を擦って初めての北海道を見入っています・・・和歌のことなど忘れてました〓



時をへて、

応募したことさえ忘れてた私の和歌は、

2009年度の特選に選ばれていました〓

そして・・・

和歌を詠んでちょうど1年、

旅人は再び弘前にやって来ました〓

着いた頃にはもう夜、すぐに宿に入りましたが、

通る道に不思議と記憶が蘇ります〓

もう二度と訪れることもできないだろう、

和歌にはそんな想いも込められていました〓

いくつも奇跡に結ばれて旅人は今ここにいます〓

ただいま、弘前〓



明日の朝、再び弘前城を訪れます〓
スポンサーサイト
未分類  /  tb: 1  /  cm: 2  /  △top

突然ですが・・・ 

みちのくの
道にたずねて
名を聞きし
古城弘前
今着きにけり

皆さん覚えておいででしょうか??

日本一周

一夏で全国47都道府県を全て回る壮大な旅、

その旅の最中、

青森県弘前市で詠んだ和歌が地元で特選に選ばれました!

その和歌が弘前城に展示されています!!

もう旅はできないだろうと沈んだ1学期ではありましたが、

就活が終わった頃には年をまたいで、

もう私の和歌も残ってはいないでしょう・・・

この夏が最初で最後のチャンス、

今しかない!

ということで今、肥薩おれんじ鉄道のワンマン列車からお送りしています(笑)



一度は諦めた夏の長旅には背中を押してくれた恩人がいます。

彼は私の日本一周に何かを感じたらしく、

この夏、全都道府県踏破の旅に挑戦しています。

彼は私が旅先で書いた旅ノートで私の存在を知ったそうです。

日本一周の旅人というものは、

日本一周に相当の思い入れがあるわけで、

旅先に何か自分の足跡を残したいと思うわけです。

全国で和歌を詠んたり、旅ノートに書いたりするのも、

そういう思いがあるからなのです。

地元で私の和歌を評価していただいて、

また旅ノートの私の書き込みを読んでいただいて、

旅人としてこれほどの喜びはありません。

そして・・・

旅人は旅に出たいと思うのです・・・



明日のテストを挟んで、

本州最北の城下町、青森県弘前を訪ねる旅が始まります!

きょうはとりあえず鹿児島から北九州までレジュメを見ながらのんびり帰ります〓

明日はテスト、

11日
北九州→大阪

12日
大阪→東京

しばらく東京で都会の夏を満喫しつつ、

ラッシュが収まるのを待ちます・・・

15日
東京→仙台

16日
仙台→弘前

17日
弘前→山形

18日
山形→東京

19日
東京→大阪

20日
大阪→北九州


今年も暑い夏になりそうです。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。