01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Around Japan 2009 ブログ百都巡礼

  : 

あなたの「ふるさと」行ってきました!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

霧島神宮・紀元祭 

前回は帰省の話のつもりが・・・
すっかり建国記念の日の説明で終わってしまいました(-。-;)
ではそんな旅人は2月11日、何をしていたのか・・・
Image263.jpg
霧島神宮に行ってきました。
写真は2月11日の霧島神宮の境内の様子です。
少ないような多いような・・・確かに微妙です。

霧島神宮は瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を祭る神社です。
瓊瓊杵尊は日本神話の始祖たる天照皇大神の孫とされる神です。
天照皇大神の命を受け、霧島連山の高千穂峰に降臨したと言われています。
ちなみにこの瓊瓊杵尊のひ孫が神武天皇です。
まさに神話の世界・・・

霧島神宮はこの霧島連山の麓にあります。
この日も大混雑とは言えませんでしたが・・・それなりの人出です。
参道には整然と国旗が並びます。
境内では勇壮な霧島九面太鼓の奉納・・・
右翼の方の街宣も左翼の方のデモも無く、参拝者の賑わいが途絶えることがありません。
旅人は「建国記念の日」のあるべき姿を見たように思います。

口論や政争のために「建国記念の日」が定められたのではありません。
建国を偲び、世界の安寧と国運のさらなる発展を願う日です。

国を憂うことの多い昨今、久々にこの国を見直しました。
心清かなるうちに霧島神宮を後にしました。
Image268.jpg

スポンサーサイト
過去の旅の話  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

建国記念の日 

相変わらずブログがご無沙汰な旅人です。
ようやく10日にテストが終わって、春休みです。
大学生活も1/4を使い切ってしまいました・・・あっという間です、1年なんてo(TヘTo)

さて、旅人はテストが終わって鹿児島に帰省することにしました。
高速バスで11日から2泊3日のスケジュール・・・13日のせちりに間に合うように帰ってきたのに・・・
その晩には体が動いてくれませんでした(;´Д`A ```
そんな今回の帰省・・・2月11日に深い意味があります。

2月11日は国民の祝日、「建国記念の日」です。
なぜ2月11日が建国記念の日なのでしょう??
多くの日本人は知らないのでは・・・

建国の日に関心が無いのは世界的には珍しいことです。
たとえばアメリカは7月11日・・・
 1776年7月11日はアメリカがイギリスから独立した日です。
中国(中華人民共和国)は10月1日・・・
 1949年10月1日、毛沢東が天安門で建国宣言をしました。
ドイツは10月3日・・・
 1990年10月3日に東西ドイツが統合しました。
フランスは7月14日・・・
 1789年7月14日はフランス革命が始まった日です。
こんなに歴史的な記念日を国民が知らないはずがありませんよね。

でも日本の「建国記念の日」はなぜか知られていません・・・
その原因はいろいろありますが・・・

では2月11日とはどういう日なのでしょうか??
「日本書紀」によると、辛酉年春正月、庚辰朔・・・神武天皇が即位したとあります。
この辛酉年春正月、庚辰朔・・・今の暦に直して紀元前660年2月11日。
神武天皇といえば初代の天皇陛下です。

日本は神武天皇以来、125代にわたって天皇制を維持してきました。
アメリカのような独立もなく、フランスのような革命もありません。
神話の時代から1つの王朝を大切に受け継いできたのです。

平安時代のような貴族の時代も・・・
江戸時代のような武家の時代も・・・
明治時代のような軍人の時代も・・・
そして今も・・・

そんな「建国記念の日」には批判もあります・・・

そんな史実と言い難い神話を基に建国の日を決めていいのか?
 紀元前のことなので正確な史実が得られないのも否めません。
 しかし、そんな神話の世界から続く王朝が今に伝わるのも事実です。
 その王朝の始まった日こそが神武天皇の即位の日、2月11日なのです。

この2月11日は大日本帝国憲法発布の日でもあります。
この日を祝うことは戦前の美化につながるのではないか??
 明治以降の戦争どのように捉えるかは難しい問題です。
 当時の日本の行為は「善」とは言い難いし、しかし100%の「悪」でもないと思います。
 ここで・・・旅人は思います。
 戦前っていつの話か??
 一般に太平洋戦争以前を戦前と言い、それ以降を戦後といいます。
 しかし、「太平洋戦争以前」ってaboutな区切りですね・・・
 戦前・・・たとえば江戸時代、平安時代は「戦前の美化」と何の関係があるのか・・・
 一時代の騒乱をやり玉に国の歴史全体を否定するのはいかがなものでしょうか。

これは一例に過ぎませんが、2月11日には全国で「建国記念の日」反対集会が開かれます。
もちろん「建国記念の日」をお祝いする動きもあります。

このブログをご覧のあなたが「建国記念の日」にどのような思いに至るかは分かりません。
しかし、日本に生きる者として
この日がどのような日かくらいは知っていてもいいのでは・・・と旅人は思います。
政治の話  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。